天国からのエール

主題歌

「ありがとう」

【コメント】
私達ステレオポニーの人生を変えてくれ、「音楽」という夢を与えてくれたのがニイニイです。
この映画を観て、ニイニイに対する感謝の気持ちがまた涙となって溢れました。
『天国からのエール』という作品が現実と向き合う機会をくれて、私達が本当にニイニイに伝えたかったことをそのまま曲にしました。
ちゃんと言葉に出来たのか私達にもまだ分からないけど、それでもこの曲をニイニイが空の上で聴いてくれて、きっと笑っているんじゃないかなって信じています。

写真:主題歌を歌う女性3人組のバンド、ステレオポニー。いずれも20代前半で、やわらかい色のTシャツにジーパンやコットンパンツなど、カジュアルな格好をしている。

【プロフィール】

AIMI(Vo/Gt)
沖縄・那覇出身(1990/9/4生まれ)
NOHANA(Bs)
長崎・島原出身(1989/9/16生まれ)
SHIHO(Dr)
沖縄・名護出身(1990/10/18生まれ)

2008年11月、シングル「ヒトヒラのハナビラ」でデビュー。09年2月発売の2ndシングル「泪のムコウ」ではオリコンウィークリーチャート2位を記録。平成生まれのガールズロックバンドとしては史上初の快挙となる(オリコン調べ)。同年3月にはアメリカ・テキサス州で行われた世界で最も大きな音楽フェスティバルのひとつである「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」に参加し話題となる。09年6月17日1stアルバム「ハイドランジアが咲いている」をリリースし、オリコン初登場8位を獲得。翌月行われた初の東名阪ワンマンツアーでは全公演ともにチケットがソールドアウトとなり、8月には赤坂BLITZにて追加公演を行った。そのライブの模様は同年12月に発売されたライブDVD「ステレオポニー1st tour A hydrangea blooms 2009」に収められている。10年2月には初のカバー曲となる6thシングル「はんぶんこ」をリリース。6月には待望の2ndアルバム「OVER THE BORDER」をリリースし、オリコン初登場 12位を獲得。同月、アメリカ・ニュージャージーで行われたアニメイベント「Anime NEXT2010」に参加、アメリカにアニメファンを熱狂させた。今、最も注目されているガールズ3ピースロックバンド、それがステレオポニー!

10月1日(土)全国ロードショウ

▲ページのトップに戻る